クリパルヨガ

クリパルヨガのイメージ ヨガの種類

クリパルヨガとは

クリパルヨガのクリパル(Kripalu)とは、サンスクリット語で「思いやり、慈しみ」という意味があります。アーサナを綺麗にとることを追求するのではなく、アーサナを通して自分の内側で起きている感覚や呼吸に意識を向けて、今起きていることをありのままを受け止めて観察することを大切にします。「意識のヨガ」「自己探求のヨガ」とも言われていて、ヨガの八支則を受け継ぎながら体・心・精神と3つのステージに分類してそれぞれの分野を深く学んでいきます。自分自身の内側の心に寄り添って、自分の求めるものを知り認めていくことで自分を癒していく、ヒーリングとセラピー要素の高いヨガです。誰にでも優しく、個人の体験に基づく学びと成長のプロセスを大切にすることから、日常に応用しやすく、柔軟性や運動歴、年齢、性別に関わらず、幅広い層から支持を受けています。

クリパルヨガの歴史

クリパルヨガは、インドのスワミ・クリパル(Swami Kripalu / 1913〜1981)によって創設されました。ヨガ発祥の地であるインドにはヴェーダンタ哲学、サンキャ哲学、タントラ哲学などさまざまな哲学や思想がありますが、スワミ・クリパルは、それぞれの哲学は対立し合うものではなく、相互に補完し合うものと考え、ヨガを実践する中で伝統的なヨガの真髄を大切にしながら統合してクリパルヨガの基礎を築きました。クリパルヨガという名称は、スワミ・クリパルという深い慈しみと精神修行の厳格さで有名なインドのヨガマスターに敬意を表して名付けられました。ヨガの実践と建設的なライフスタイルに関するスワミ・クリパルの教えは、今のクリパルヨガのアプローチの基盤となっています。

クリパルヨガの特徴

クリパルヨガでは、ポーズの美しさよりも、ひとりひとりの個性や自由を尊重しながらゆっくりとアーサナを行います。アーサナに自分の体を当てはめるのではなく、自分の状態に合わせてアーサナを味わっていきます。3つのステージ(段階)を通して、技術よりも精神性を重視することで、自分の身体や心と対話し、その瞬間に感じる自分の感覚に寄り添います。自分への意識が深まることで日常生活での体や心の変化にも気付きやすくなり、本当の自分の声に素直に生きること、ありのままの自分を受け入れる心も育まれます。

クリパルヨガの3つのステージ

クリパルヨガでは、ヨガのプロセスを3つのステージに分類し、各ステージごとに体・心・精神に対してアプローチしていきます。

ステージ1:アーサナの土台を作って意識を内へ向ける

ステージ1では、呼吸の流れ、適切なアライメント、感覚に心を集中させながら、伝統的ヨガのポーズを実践します。呼吸に合わせてアーサナを行うことによって、内観することができるようになります。肉体的・精神的ストレス、慢性的な疲れなど何らかの理由で緊張している筋肉をほぐしながらリラックスします。

ステージ2:アーサナのキープして集中する

ステージ2では、アーサナを保つ中で流れ出てくる感覚、感情、思考に集中して、深いところに根付いていた感情や心の緊張に向き合います。湧いてきたものに対して抵抗や否定をするのではなく、それに寄り添って自分自身と向き合います。

ステージ3:動く瞑想で自然に委ねる

ステージ3では、キープしていたアーサナを手放し、体から自然に沸き起こる知恵や動きに任せて、自発的に自由にポーズを展開します。クリパルヨガの教えでは、人間の体や精神の中には正常に保とうという知恵が元々宿っていると言われています。その知恵を使って内側からの導きによって、直感的な要求に自然に委ねることを動く瞑想と捉えるクリパルヨガ独自のメソッドです。

クリパルヨガの効果

クリパルヨガ

クリパルヨガには、主に

  • ヒーリング
  • 集中力向上
  • 心身のバランスを整える

という効果があります。

クリパルヨガは、自分の内側の声に従うことが重視されます。綺麗で完璧なアーサナを目指すのではなく、アーサナを通して見えてくる感覚や湧いてくる感情、思考、体の変化をありのままに感じながら、今起きていることをそのまま受け止めて行くことで自己受容します。湧き上がってきた感情や思考に寄り添うことで自分を癒し、精神的に満たされてリラックスした状態になります。
アーサナをキープすることで、全身に適度な緊張を与え集中力が養われます。筋力がついて余裕が出てきたら、アーサナをキープしているときに目を閉じて行うと、より深い境地へ辿り着き瞑想の状態を味わうことができます。アーサナをリリースしたあとは、筋肉が緩んで心と体がリラックスして心身のバランスが整えられます。その結果、本来あるべき自分に戻り、心身のバランスが整えられるのです。

クリパルヨガがオススメな人

クリパルヨガでは、慈しみのヨガです。アーサナができていないから自分はヨガが向いていない、こうじゃなきゃいけない、という考え方ではなく、今のありのままの自分を受け入れることを大切にします。ポーズの完成形にとらわれることなく、ひとりひとりが持って生まれた個性ある体を慈しみとともに尊重するので、自分の内面と深く関わることができます。形にこだわらず、自分の内側から溢れ出すエネルギーを感じたい方、ヨガの精神を深めたい方、瞑想に興味がある方、心のケアをしたい方、日々の生活に疲れてしまった方、人間関係にお悩みの方、身体的に制約のある方、初心者の方など誰にでも安心安全に実践することができます。

まとめ

クリパルヨガでは、ポーズの美しさよりも、ひとりひとりの個性や自由を尊重しながらゆっくりとアーサナを行います。クリパルヨガ独自の3つのステージを通して、自分の身体や心と対話し、その瞬間に感じる自分の感覚に寄り添います。肉体的・精神的な疲れやストレスを癒し、集中力を向上して、心身のバランスを整える効果のあるクリパルヨガは、誰にでも優しく、個人の体験に基づく学びと成長のプロセスを大切にします。アーサナの形に自分の体を当てはめるのではなく、自分の状態に合わせてアーサナを味わっていくので、ヨガ初心者の方や身体的に制限のある方も安心安全に行うことができます。自分への意識を深め、自分の内側から溢れ出すエネルギーを感じ、ありのままの自分の声に従ってより豊かな毎日を送りたい方は、ぜひクリパルヨガを体験してみてください。
クリパルヨガのレッスンは、ヨガスタジオで受けることができます!ハタヨガやアシュタンガヨガなどメジャーなものに比べて、クリパルヨガのレッスンは行っているスタジオが少なかったり、レッスン数が少ないです。体験に行く場合は、事前にスタジオに問い合わせてみてください。