アシュタンガヨガ

アシュタンガヨガ ヨガの種類

アシュタンガヨガとは

アシュタンガヨガとは、シュリ・K・パタビジョイス師によって南インドのマイソールシティで教えられていたものです。アシュタンガとは、サンスクリット語で「八本の枝(八支則)」(アシュト/Ashto=八、アンガ/anga=枝)という意味です。ヤマ(禁戒:日常生活で行なってはいけないこと)やニヤマ(勧戒:日常生活で実践すべき行ない)などの心身の健康を高め自己実現するための8つの教えを実践するヨガとして考案されました。決まったシークエンスを行いながら八支則を深めてる運動量の多いヨガで、その流れるような動きは現代のパワーヨガの前身と言われています。

アシュタンガヨガの特徴

①ポーズの順番が決まっている

アシュタンガヨガは、太陽礼拝から立位、座位、逆転、最後のシャバーサナまでポーズの順番が決まっているのが特徴です!ポーズからポーズへ途切れることなく流れるようなフロースタイルで行なっていくので、1つのポーズのキープ時間は5呼吸ほどと比較的短めです。

②決められたバンダとドリスティ

アシュタンガヨガでは、ポーズによってバンダと呼ばれる身体の特定の部分に意識を向けて引き締めることが大切です。ヨガでは視線が重要と言われていますが、視線の定め方(ドリスティ)が決まっていることも特徴的です。

③ウジャイ呼吸法

アシュタンガヨガの呼吸法は、ウジャイ呼吸という鼻から息を吸って鼻から吐くときに喉の奥を擦るような音を出しながら行います。身体を内側から温め、ポーズの安定感やポーズへの集中力工場に効果的です。深い呼吸の音は、リラックス効果も高めます。

④レッスンの最初と最後にマントラを唱える

マントラとは、サンスクリット語で「文字」「言葉」を意味します。マン=考えること、トラ=現象的世界の束縛やネガティヴな思考パターンから身を守ること、という2つの言葉から成り立ちます。アシュタンガヨガのクラスでは、クラスの最初と最後にマントラを唱えます。初めのマントラでは、これから練習を始めるにあたり心を鎮めて集中力を高め、終わりのマントラでは、幸せと平和を祈る意味が込められています。

⑤レッドクラスとマイソールクラス

アシュタンガヨガには、レッドクラス(Led Class)マイソールクラス(Mysore style)があります。レッドクラスでは、インストラクターのカウントに合わせて参加者全員で順番どおりに行います。一方のマイソールクラスでは、生徒が自分のペースで自主練習します。インストラクターは特にクラスをガイドしていくということはありませんが、スタジオ内を見回りながら、生徒一人ひとりに必要な指導をします。

⑥ムーンデーはお休み

アシュタンガヨガは月の周期を重視していて、毎月新月(ダーク・ムーン)と満月(フル・ムーン)の日は練習をお休みします。新月と満月の日は月の影響を受けてケガをしやすいからです。万が一ケガをした場合、通常よりもの治療に時間がかかると言われています。

八支則とは

八支則はヨガの経典であるヨーガ・スートラに出てくる基本的な教えのことです。

①ヤマ(禁戒:日常生活で行なってはいけないこと)

  1. アヒンサ(非暴力)…考え、言葉、身体を使った行いで、人や自然を傷つけないこと
  2. サティヤ(嘘をつかないこと)…人や自然を傷つけないように、いつも考えと言葉に一貫性を持つこと
  3. アスティーヤ(盗み)…他の人の所属するものを欲しがったり、奪ったりしない
  4. ブラフマチャリヤ(禁欲)…一時的な快楽に更けることを制御する
  5. アパリグラハ(貪欲さのないこと)…自分の根っこの問題を注意深く見て貪欲に陥らない

②ニヤマ(勧戒:日常生活で実践すべき行ない)

  1. シャウチャ(純潔)…考え、身体、環境を清らかに保つ
  2. サントーシャ(満足)…最低限必要なものを持つシンプルな満ち足りた生活を楽しむ、今ある環境に感謝する
  3. タパス(苦行)…辛く苦しい状況でも、客観的な理解を持って耐える
  4. スヴァディヤーヤ(読誦)…継続的な勉強
  5. イーシュワラプラニダーナ(神霊への帰人)…自分の行動と意思を、最大限に全世界に奉仕すること

③アーサナ(体位法)

④プラーナヤーマ(調気法)

⑤プラティヤハーラ(内観)

⑥ダーラナ(集中)

⑦ディヤーナ(瞑想)

⑧サマーディ(最高次の超意識状態)

アシュタンガヨガで行うアーサナ(ポーズ)は3つ目にあたります。ヤマとニヤマは八支則のベースとなっていて、ポーズを行う以前にヤマとニヤマを実践することが大切だと言えるでしょう。

アシュタンガヨガの効果・メリット

アシュタンガヨガは、シークエンスや視点の位置が決められているため、ルーティンを繰り返しながら自分の弱点を探り、能力と集中力の向上に効果的です。難易度の高いポーズを通して、心と体に軸ができるように成ります。心を落ち着かせたり、ストレスを軽減する効果もあるので、より冷静になっていくことを実感できます。他のヨガに比べて運動量が多いので、血行促進、脂肪燃焼、筋力や代謝アップといったダイエット効果も期待できます。

アシュタンガヨガのシークエンス

アシュタンガヨガのアーサナは6段階に分かれています。その中で最も重要なのが初級のプライマリーシリーズ(1st)です。身体の浄化や身体の歪みの矯正を目的とし、決められたシークエンスを繰り返し行うことで練習が深まり、意識もクリアになります。

プライマリーシリーズ(1st)

  1. スーリヤナマスカーラA(太陽礼拝)
  2. スーリヤナマスカーラB(太陽礼拝)
  3. スタンディングポーズ(立位)
  4. シッティングポーズ(座位)
  5. フィニッシングポーズ
  6. シャバーサナ

基本のプライマリーシリーズ ができるようになったら、インターミディエートシリーズ(2nd)、アドバンスシリーズA(3rd)、B(4th)、C(5th)、D(6th)へと進みます。通常はインターミディエートシリーズ(2nd)くらいまでで十分と言われています。

アシュタンガヨガはこんな人にオススメ

アシュタンガヨガはこんな人にオススメ

ある程度ヨガのポーズに慣れている人であれば、初心者の方でもレッスンに参加できます。
運動量が多いので、身体を動かすのことが好きな方や筋力のある男性にオススメです。淡々と練習を行いたい方、同じアーサナを練習することに飽きない方、コツコツ続けることが好きな方にもアシュタンガヨガに向いていると思います。

肉体だけでなく精神的にも鍛えることができるアシュタンガヨガ。実際にスタジオに行って体験レッスンに参加してみてはいかがでしょうか。