⇒「オンラインヨガ比較」へ

ジャイロキネシス

ヨガの種類

ジャイロキネシスとは

ジャイロキネシスは、1980年代に元バレエダンサーのジュリオ・ホバス氏によって考案された椅子に座ったり、フロアを使いながら身体を十分にほぐすことができるエクササイズです。元々はホバス氏が自身のリハビリテーションのために作ったものでしたが、徐々にニューヨークのダンサーたちに広がりました。ジャイロキネシスの「ジャイロ」には、螺旋や円という意味があります。名前の由来の通り、ヨガやバレエ、水泳、気功、太極拳など流れるように曲線を描く動きが特徴です。ダンサーの身体能力向上効果があると言われ、ダンサーのためのヨガとして広がりました。「身体を楽器にして音楽を奏でるように」というアートなエクササイズで、背骨を反る・丸める・曲げる・ねじるといった動きを組み合わせ、呼吸とともにリズミカルに行います。

ジャイロキネシスの特徴

ジャイロキネシスは、椅子に座ったり、フロアを使いながら身体を十分にほぐすことができるので、激しい運動が苦手な方や柔軟性に自信のない方も安心して取り組むことができます。全身で波打つような優しい背骨の動きを流動的に行うことで、筋肉や関節の調整しながら内臓の活性化を促し、同時に神経系へもアプローチします。動きと呼吸の両方をリズミカルに調和させて繰り返し動くことから、有酸素運動的な刺激も期待できるので、ダイエット効果が期待できます。関節に良いとされる動きや負担の少ない動きは、運動が苦手の方や柔軟性に自信のない方だけでなく、ご高齢の方も身体に負担をかけることなく安心して行うことができます。リハビリ要素もあるので、医療関係者や福祉関係者にも注目されている、身体効果が高いと注目のエクササイズです。

ジャイロキネシスの効果

リハビリ効果

ジャイロキネシスは、元々考案者のジュリオ・ホバス氏が自身のリハビリテーションのために生み出されたものです。椅子に座ったり、マットの上で全身で波打つような優しい背骨の動きを流動的に行うので、身体に負担をかけることなく行うことができます。海外では、身体に負担がかからないという点から、リハビリの一環として取り入れている病院もあります。

デトックス効果

リンパの流れや血流が良くなり、デトックス効果があります。呼吸をしながら背骨・筋肉・骨だけではなく、内臓や神経にもアプローチすることができるので、続けることで柔軟性がアップし、筋力と持久力が向上します。

身体のバランスを整える

ジャイロキネシスは、背骨を反る・丸める・曲げる・ねじるといった動きを組み合わせて行います。私たち現代人は、日頃デスクワークや長時間同じ姿勢でいることが多くなっているので、背骨に余計な負荷がかかっています。背骨には、全身を支える様々な神経が集結しています。全身で波打つような優しい背骨の動きを流動的に繰り返すことで背骨が整い、身体のバランスを調整されます。肩こりや腰痛などの解消にも効果的です。

ダイエット効果

ジャイロキネシスは、ダンサーのためのヨガとして、細くしなやかな身体のまま、体幹を鍛えることができます。呼吸のリズムに合わせて動きを繰り返すので、有酸素運動としての効果も期待できます。体幹を鍛えてバランス感覚を養い、全身を良い状態に保つというボディメンテナンスを目的としながら、継続することで身体機能が向上され、健康的に背中や腰周りなどの余分な脂肪や内臓脂肪の軽減が期待できます。

リラックス効果

ジャイロキネシスの動きは、椅子に座って行うものが多いため、激しい運動が苦手な方や柔軟性に自信のない方も、関節に負担をかけることなく行うことができます。ストレスを感じることなくリフレッシュして運動ができるので、精神的にもリラックス効果があります。

アクティビティのウォーミングアップ・ウールダウン

特別なマシンや道具を使わないので、筋トレ、ジョギング、ゴルフ、テニス、水泳、ダンスなど各アクティビティ前後のウォーミングアップ・クールダウンにも取り入れやすく、身体と心をリラックスさせる効果があります。お仕事の合間や終わりのリフレッシュとしても効果的です。

ジャイロキネシスとヨガの違い

ジャイロキネシスのイメージ

「呼吸に合わせて動く」という点は、ジャイロキネシスもヨガも同じですが、ジャイロキネシスは呼吸に合わせてフローで身体を動かすのに対し、ヨガは一定時間ポーズをキープします。ジャイロキネシスは、一部ヨガの動きを取り入れていますが、ヨガのように瞑想や呼吸法を通して「心を整える」という精神的な要素は強くありません。ヨガはエクササイズとしての側面もありますが、本来、呼吸や精神をコントロールすることを目的とします。一方、ジャイロキネシスは、あくまでも筋肉の使い方や動かす方向性、呼吸を意識しながら、体幹を鍛えて筋バランスを強化・ストレッチする、身体能力を向上させるエクササイズです。ジャイロキネシスもヨガも、ある程度継続することが大切です。どちらを始めようか迷った場合、自分が楽しく続けられる方を選んでみてはいかがでしょうか。

ジャイロキネシスはこんな人にオススメ

ジャイロキネシスは、激しい運動が苦手な方や柔軟性に自信のない方、ご高齢の方も安心して取り組むことができます。ケガからのリハビリテーションのために開発されているため、リハビリ中の方はもちろん、あまり運動する習慣がなくて運動不足の方や体力に自信のない方にオススメです。椅子やマットのほかに特別なマシンや道具を使わないので、個人のアクティビティの前後に取り入れやすく、身体と心をリラックスさせる効果があるので、パフォーマンス力を向上させたい方、ケガを予防してしなやかや身体を手に入れたい方、体幹を鍛えたい方にもオススメです。

まとめ

名前の由来の通り、流れるように曲線を描く動きが特徴のジャイロキネシスは、リハビリ効果やデトックスなど様々な効果があります。ヨガほど精神的な要素は強くなく、あくまでも身体能力を向上させるメソッドで、海外ではリハビリの一環として取り入れている病院もあるほどですが、日本でも着々と知名度が上がってきました。日頃の運動不足やストレス解消にジャイロキネシスを始めてみてはいかがでしょうか。