食神さまの不思議なレストラン展

Kitsune
chevron instagram facebook twitter chevron-big close menu arrow text-button text-button-ticket play

はじめに INTRODUCTION

こんな噂を聞いたことがあるだろうか。

日本橋の路地裏に、

世にも不思議なレストランがあるという。

妖しげな参道を抜け、

出汁のいい香りに誘われて行き着く先には、

神さまたちが集う食の桃源郷…。

夢まぼろしか、あやかしか。

そこは「食神さまの不思議なレストラン」
と呼ばれている。

Perhaps you have heard the word on the street, that in the back alleys of Nihonbashi, Tokyo,
you can find a most mysterious restaurant.
Follow the scent of soup broth down a curious footpath to find a cuisine paradise where gods gather.
This place, be it dream, or mirage, is known as The Mysterious Restaurant of the Food God.

展覧会について ABOUT EXHIBITION

デジタルアートで、ミステリアスな和食の世界へ。
食神さまの"おいしいごはん"を召し上がれ。

「食神さまの不思議なレストラン」展は、世界有数のデジタルアート集団「モーメントファクトリー」による日本初のエキシビションです。日本人にとって馴染みの深い「和食」をテーマに、最先端の映像技術や特殊効果で、ミステリアスでファンタジックな和食の世界を表現。お客様はご自身の足で歩き、見て、聴き、触れるといった、インタラクティブな空間を楽しめます。舞台となるのは日本橋の廃ビル。妖しげな参道に足を踏み入れれば、そこは古事記をモチーフにした神さまが
住む世界。使いの狐"ウカ"にいざなわれて行き着くのは「食神さまのレストラン」。そこでは、神の手を持つ料理人たちが集まり"おいしいごはん"がつくられています。お客様全員に振舞われる美山荘・中東久人特製の"神様のおいなり"さん。お味噌汁や、だし巻き卵、筑前煮など、稀代の料理人たちがつくる"おいしいごはん"を実際に味わうことができます。デジタルアートと和食の融合が生み出す未知の体験を、どうぞお楽しみください。

Invite you to the world of mysterious Japanese food with digital art.
Come visit us to taste the "delicious meal" of the food god.

The Mysterious Restaurant of the Food God is a restaurant-style exhibition centered around washoku, or Japanese cuisine, a theme that is all too universal for us Japanese. The exhibition—a first in Japan—is produced by MOMENT FACTORY, an eminent digital art group that has been doing projection-mapping on architecture world-wide and has handled the art direction at concerts of first-class artists. Using pioneer video technology and special effects, they give expression to a most mysterious and fantastic world of washoku. Staged in an abandoned building in Nihonbashi, visitors enter along a curious footpath which leads to a
world resembling that of ancient Japanese scripture—a land of the gods. A fox named Uka, a messenger of the gods, leads you to your final destination, a worldly food paradise where chefs with god-like hands conjure irresistible meals. All who enter are presented with Miyamasou chef Hisato Nakahigashi's version of a classic he calls "Kamisama no O-inari," just one delicious dish among many created by exceptional chefs that customers can test their palates with, such as miso shiru, dashi-maki tamago, and chikuzen-ni. Come savor this new experience, a fusion of digital art and washoku.

デジタル・
インスタレーション
DIGITAL INSTALLATION

DIGITAL INSTALLATION / MOMENT FACTORY モーメント・ファクトリー

世界が認めたデジタルアート集団MOMENT FACTORY日本初の展覧会。

モーメントファクトリーはモントリオールを拠点に、環境と共存する新しい没入感を生み出すマルチメディア・エンターテイメント・スタジオです。世界各国において映像、照明、建築、音響、特殊効果を駆使した体験型イベントのスペシャリストとして、サグラダ・ファミリア大聖堂、シルク・ドゥ・ソレイユ、マドンナ、ディズニー、ソニーなど、350件以上のショーや体験型イベントを作り上げてきており、ロサンゼルス国際空港のリノベーションも手掛けました。2014年にはカナダの国立公園の森を歩くプロジェクト「Foresta Lumina」を発表しました。現在は、ロサンゼルス、ロンドン、パリにも拠点を増やし様々な活動を行っています。

Image 1
Image 2
Image 3

A Japan first, brought to you by the world leading digital art group MOMENT FACTORY

Based in Montreal, Moment Factory is a multimedia entertainment studio specializing in the conception and production of immersive environments. We Do It in Public. Moment Factory specializes in creating the video, lighting, architecture, sound and special effects required to create many of the world's most celebrated public spaces, events and experiences. In 2014, Moment Factory unveiled an enchanting multimedia night walk through the forest at Parc de la Gorge de Coaticook in Quebec, Canada, transforming the local tourism and visitor experience. Since its inception in 2001, Moment Factory has created over 350 Shows and Destinations for blue-chip clients around the world, ranging from Cirque du Soleil, Nine Inch Nails, Madonna, Disney, Microsoft and Sony, to the Sagrada Familia Cathedral in Barcelona and the LAX International Airport in Los Angeles. Moment Factory's international offices now include Los Angeles, London and Paris.

JAPANESE CUISINE PRODUCER・CHEF / Hisato Nakahigashi 和食監修・料理人
中東 久人・野草一味庵「美山荘」

シェフ/中東 久人・野草一味庵「美山荘」

1969年3月、京都生まれ。高校卒業後、米国とフランスの大学でホテル経営を学ぶ。パリのレストランなどでサービススタッフとして働いた後、24歳で帰国。石川・金沢の料亭で修業を積み、26歳で「美山荘」四代目に就く。美山荘は、京都の奥山、花背(はなせ)の里にある摘草料理で有名な料理旅館で、摘み取った季節の草花や旬の野菜に魚を取り入れた美しい料理は、門外不出と言われ、多くの文化人から愛される。中東氏のもてなしは“舞台裏は緻密に計算、表では自然な応対をモットー”とし、その立ち居振る舞い、物腰の柔らかさからは歩んできたサービス畑の土壌の良さを想起させる。

Born in Kyoto, March 1969. After high school, he studied hotel management in the US and France. After working in service at a restaurant in Paris, he returned to Japan at age 24 whereupon he trained in traditional cuisine in Kanazawa, Ishikawa Prefecture, and later became the fourth generation chef at Miyamasou at age 26. Located in the beautiful mountain sides of Hanase, Kyoto, Miyamasou is a Ryokan style restaurant and inn famous for Tsumikusa Ryori—cuisine that features freshly picked seasonal wild herbs and vegetables—that also utilizes fish. It is said that the food here, prized by intellects and cultured persons alike, is so treasured that it never leaves the premises. Nakahigashi-san works by the motto, "Calculate in detail behind stage, have natural attentiveness on stage". From the gentleness in his is poise and demeanor, one can imagine the quality of service he trained for.

ごはんのメニュー FOOD MENU

神の手がつくる、
至福のごはん。

  • 神様のおいなりさん
    Kamisama no O-inari-san

    古事記にも登場し、伏見稲荷に祀られている五穀豊穣・穀物の神様“宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)”をモチーフにした稲荷寿し。寿揚げを炊く出汁には、宗田鰹・鰯・鯖の枯れ節を絶妙なバランスで配合し丁寧に炊き上げました。また、五目の酢飯には食感や風味のバランスを考え、干し椎茸の旨味を効かせた仕立てに。日本人の大好きな味わいのおいなりさんです。
    An Inari-zushi dish fit for the gods, this thin fried bean curd was innovated after the deity known as “Ukanomitamanokami,” the so-called “god of grain” who is enshrined in the Fushimi Inari Shrine (Kyoto) as depicted in the ancient Japanese scripture Kojiki. The o-inari is attentively boiled in broth made from a fine-balanced blend of frigate tuna, sardines and mackerel flakes. The Gomoku sushi rice inside is a mixture of rice and other seasonal ingredients with well-thought and balanced texture and aroma accentuated with umami from dried shiitake mushrooms. It is an O-inari suited for Japanese taste.
    ※お一人様ひとつ ※季節によって内容が変わる場合がございます ※神様のおいなりさんはチケット代に含まれます。
  • 実山椒をきかせた 親子出汁巻

    Oyako Dashimaki seasoned with Mizansho pepper

    ¥600-(税込)

    実山椒をきかせた 親子出汁巻

    Oyako Dashimaki seasoned with Mizansho pepper

    ¥600-(税込)

    播州赤鶏のもも肉と実山椒を合わせた風味の良い有馬煮を、鶏ガラスープで溶いた卵で丁寧に巻きあげた旨出汁たっぷりの親子出汁巻です。

    This traditional omelet dish uses Hyogo Prefecture’s very own Banshu Akadori chicken thigh meat and Mizansho pepper cooked in a rich Arima-ni style slowly rolled in egg mixed with chicken broth.

  • 野菜の旨味感じる 筑前煮

    Chikuzen-ni

    ¥500-(税込)

    野菜の旨味感じる 筑前煮

    Chikuzen-ni

    ¥500-(税込)

    もっちりとした食感の加賀蓮根、旨味あふれる干し椎茸、大地香る牛蒡、甘味ある人参、プリプリと味の染みわたったコンニャク、筍の食感、鶏肉の旨味を、出汁・醤油・味醂で素材の旨味をとことん引き出し、淡い香りの胡麻油で風味付けした日本を代表するお惣菜です。
    The splendid chewy texture of Kaga lotus root, dried shiitake mushrooms loaded with umami, the earthy aroma of burdock, the sweetness of carrots, flavorful and firm-textured konnyaku and bamboo shoot and the umami of chicken meat are all emphasized by broth, soy sauce and mirin for a hallmark Japanese side dish lightly touched with sesame oil.
  • 出汁香る 稲庭うどん

    Fragrant Inaniwa Udon

    ¥1,000-(税込)

    出汁香る 稲庭うどん

    Fragrant Inaniwa Udon

    ¥1,000-(税込)

    北海道産昆布をたっぷりと使用し、本鰹・宗田鰹・鰯の風味を効かせた日本の旨味が詰まった‟出汁″で、ツルツルと喉越しの良い稲庭うどんを味わえます。体に染みわたる日本の旨味を感じ、季節の旬を掛け合わせた‟出会いもの″を合わせてお楽しみください。
    季節によって具材が変わるため、お写真と異なる場合がございます。
    3月「若竹」:筍とワカメ、木の芽を使った京都の伝統的な出会いものです。
    4月「芽吹き」:香り高い山菜と海老を合わせ、太白胡麻油でサッパリと揚げたかき揚げです。日本の春を感じていただける逸品です。
    5月「端午の節句」:時節の節目である節句。端午の節句には鮮烈な香りの蓬で厄払い。香ばしく揚げたプリッとした海老、もっちりとした蓬麩の心地よい食感と風味、香りの良いうどん出汁と合せお召し上がりください。
    The noodles of this Inaniwa style udon are delightfully smooth. The soup’s broth contains Hokkaido kombu seaweed, bonito, frigate tuna and sardine flakes making for a Japanese broth full of umami. Enjoy this soul-penetrating soup matched with seasonal toppings that change every month.
    The ingredient materials for the topping may be different from a photograph to vary according to a season.
    March, Wakatake: A traditional Kyoto mixture of bamboo shoot, wakame seaweed garnished with young mizansho leaf.
    April, Mebuki: Aromatic mountain herbs and shrimp are battered and lightly fried fresh in white sesame oil for a rare Spring match.
    May, Tango no Sekku: A festive choice for the changing of the seasons. The robust smell of sagebrush representative of the Boy’s Festival (Tango no Sekku, May 5) wards off evil spirits. Enjoy crisply fried shrimp and the great chewy texture of yomogifu, both boasting a splendid aroma that matches the udon broth to a perfection.
  • 味噌と出汁の相性を考える 3種の味噌汁

    Three kinds of Miso Soup

    ¥500-(税込)

    味噌と出汁の相性を考える 3種の味噌汁

    Three kinds of Miso Soup

    ¥500-(税込)

    白味噌と昆布出汁・田舎味噌とイリコ出汁・赤味噌と鰹だし。味噌と出汁にも相性があります。その相性を知っていただければ、もっとお味噌汁が好きになるはずです。
    White miso with kombu broth, inaka miso with iriko broth, and red miso with bonito broth. Certain miso just matches perfectly with certain broths. Once you realize how well they match, you will surely fall in love with Miso soup even more.

食神さまの不思議なレストランでは、日替わりのスペシャルメニューもご用意して皆様をお待ち致しております。
At the restaurant of the food god will surprise you with a daily special menu, too! Please check it out!

展覧会情報 INFORMATION

  • 開催日時 Date

    2017 1.28 SAT 5.21 SUN

  • 開催時間 Time

    10:00 21:00 平日 WEEKDAY

    10:00 23:00 金・土・祝前日 FRI/SAT/the day before national holidays

    10:00 19:00 日・祝日 SUN/national holidays

    ※ 最終入場は、終了の1時間前になります。 ※ The door closes one hour prior to the closing times.

  • 開催場所 Place

    日本橋茅場町「特設会場」 Nihonbashi kayabacho "special meeting place"

    東京都中央区日本橋茅場町1−8−1
    茅場町1丁目平和ビル

  • 注意事項 Caution

    ※入場は閉館1時間前まで ※場内は階段での移動が多くございます。 ※“神様のおいなり”は来場者全員に会場でお1人様1つお渡しいたします。 ※会場の構造上、フロア間は階段での移動となります。 ※混雑した場合、入場規制がかかる場合がございます。 ※会場での飲食には別途料金がかかります。 ※飲食メニューによって売り切れになる場合がございます。 ※チケットは会期中お1人様1回限り有効となります。 ※料金は税込価格となります。 ※会期中は当日券料金で販売いたします。 ※ローソンチケットでご購入の場合は、別途手数料108円がかかります。 ※お客様都合でのご購入後のキャンセル・返金はできません。 ※「身体障がい者手帳または療育手帳のご提示」により、「介護者1名様の入場料」が免除されます。但し、ご本人様は入場券が必要です。 ※車イスでご来場される方は、事前に来場予定日をお問合せ窓口にご連絡ください。 ※チケットの転売は固く禁止いたします。

  • チケット Ticket

    その他にも会場窓口または、ローソン、ミニストップのLoppiにてお買い求めいただけます。 

  • 入場料 Entry Fee

    通常チケット神様のおいなり付

    【当日料金】
    大人(高校生以上)

    ¥2,000

    子ども(3歳以上~中学生以下)

    ¥1,000

    「江戸の秘密展」×
    「食神さまの不思議なレストラン展」
    セット券神様のおいなり付

    【当日料金】

    ¥3,400

  • 注意事項 Caution

    ※入場は閉館1時間前まで ※場内は階段での移動が多くございます。 ※"神様のおいなり"は来場者全員に会場でお1人様1つお渡しいたします。 ※会場の構造上、フロア間は階段での移動となります。 ※混雑した場合、入場規制がかかる場合がございます。 ※会場での飲食には別途料金がかかります。 ※飲食メニューによって売り切れになる場合がございます。 ※チケットは会期中お1人様1回限り有効となります。 ※料金は税込価格となります。 ※会期中は当日券料金で販売いたします。 ※お客様都合でのご購入後のキャンセル・返金はできません。 ※「身体障がい者手帳または療育手帳のご提示」により、「介護者1名様の入場料」が免除されます。但し、ご本人様は入場券が必要です。 ※チケットの転売は固く禁止いたします。 ※ゲストシェフは会場での調理を致しません。

アクセス Access

東西線 日比谷線「茅場町駅」6番口 徒歩1分
東京都中央区日本橋茅場町1−8−1 茅場町1丁目平和ビル 1 min from "Kayabacho" station of Tokyo Metro Hbiya line & Tozai line (Exit 6)
東西線 日比谷線 「茅場町駅」6番口 徒歩1分 東京都中央区日本橋茅場町1−8−1 茅場町1丁目平和ビル 1 min from "Kayabacho" station of Tokyo Metro Hbiya line & Tozai line (Exit 6)